CPUの温度を表示! 「Core Temp」



これから夏場に向けて、
PC利用者が不安なのは「温度」

あなたのPCはうまく排熱ができていますか?
温度が高くなりすぎると熱暴走を起こす可能性があります。

また、パーツの寿命にも
直接つながってくるほど重要な温度。

HDDもそうですが、今回はCPUのみの温度表示をする
「Core Temp」を紹介します。




準備するもの
・Core Temp
http://www.alcpu.com/CoreTemp/
・日本語化パッチ(必要な方)
http://d.hatena.ne.jp/wwwcfe/20100426/coretemp




まず、ダウンロードしてきたCore Tempをインストールします。




「Next」一回 → 「I accept the agreement」一回 → 「Next」3回
→ 「Install」 一回 → 「Next」一回 …(ry




日本語化パッチを使用する方は、「Lanch Core Temp」にチェックを入れずに
CoreTempフォルダにパッチを移動させパッチを実行します。
→ \Program Files\Core Temp



Core Tempを実行します。




左から順に
「Core名」「現在温度」「記録上の最低温度」「記録上の最高温度」「現在の負荷」




Coreの温度は低ければ低いほどいいです。
標準は40~45℃だったかな?

負荷がかかればその分温度は上がります。
また周波数でも温度は変化します。
室温でも(ry

でも、常時60℃以上だと危険なので
何かしらの排熱対処をしてください。


僕はファンを増やそうかな…
CPUクーラーは頑張ってるからいいや(・ω・`)
関連記事