iPhoneをWebカメラに! 「iWebcamera」



あなたが持っているiPhone、
それをWebカメラにしませんか?

無線LANで接続できるためコードに縛られることなく、
同じLAN内ならどこからでもPCに映像を送ることができる「iWebcamera」

かなり便利です。

価格は600円とAppの中ではちょい高めですが、
下手なWebカメよりも映像が綺麗で600円でWebカメが手に入るなら安いもんです。

もちろん、PCからは普通の映像入力デバイスとして認識されるため
PCのSkypeやニコ生などでも使用することができます。

Appを購入







─ 簡単な導入方法 ─

・iPhone側

  App Storeから「iWebcamera」を購入します。
  


  iPhoneで「iWebcamera」を起動させます。
  




・PC側

  サポートページからドライバをダウンロードします。
  → http://www.drahtwerk.biz/EN/Products/iPhone/iWebcamera/Drivers.aspx
  (zippedはzip。self-Extractingは自動解凍形式です)
  


  zipの方は解凍、exeの方は解凍先を指定して出来たファイル「setup.exe」を実行します。
  


  あとはインストール&PCを再起動します。


  再起動後、SkypeではWebカメラの設定で
  「drahtwerk's iWebcamera」を指定することで利用できます。
関連記事