DS本体を変更する際の注意事項!



待ちに待った「Nintendo 3DS」の発売日!
今までのDS本体から買い替える方もいるのでは?

でも、気を付けてほしいことが。
(3DSに限らず、今までのDS本体から別の本体に変える場合も同様)


DSの本体メモリには「Wi-Fiユーザー情報」というデータが保存されており、
ここには各種無線LANの設定などが保存されています。

そしてこの「Wi-Fiユーザー情報」は本体だけではなく
ソフト側(例:ポケモンシリーズ)にも同期され保存されています。

ゲームでWi-Fiを利用する場合、ソフトと本体の情報が一致しなければなりませんが、
本体を変えてしまうと、データが一致しなくなってしまいます。



そこでソフトは本体から「Wi-Fiユーザー情報」を同期しますが、
この際に以前の情報は上書きされてしまいます。

このため、今までの情報が消されてしまい
Wi-Fiのデータが変わってしまいます。


データが変わると今までのデータは使えなくなるため、
下記のようなデータが失われます。




これはポケモンだけに限らず、DSソフトでWi-Fiを利用する全てのソフトが対象となります。
消えるデータはソフトによって異なりますが、今回はポケモンを例に挙げています。


ただ、この「Wi-Fiユーザー情報」はDSからDSへ移動させることが可能です。
この移動をさせることによって、今までのWi-Fiのデータを消すことなく引き継ぐ事が出来ます。

「Wi-Fiユーザー情報移動」について


新しいDS本体を買ってきてWi-Fiをする前に、
今までのDS本体から「Wi-Fiユーザー情報」を移動させることをお忘れなく。
関連記事