iso_tool ver1.95



PSPで吸い出したISOに安全にパッチを当てたるすることのできる
「iso_tool」

iso_tool ver1.94 に致命的なバグが発生することがわかり、
その修正版となる ver1.95 が公開されました。

1.94は紹介していませんでしたが、
1.94を導入している方は1.95に必ず差し換えてください。

更新内容が多すぎるため、「続きを読む」の方に記載しました。

今回はauto_cfwとの統合もあり、
かなりの変更や更新が加わっています。


iso_toolをダウンロードする
iso_toolの導入方法




▼更新内容
・ファイルの書込みが正常に出来ないバグを修正
・5.50Prometheus3-v4_auto_cfw内のpeagasus_orig.prxが5.03のファイルになっていたのを修正
・Prometheus3-v3のフォルダ指定ミスを修正
・550_gen_d2に開発中のファイルが残っていたのを修正
・スクリプト機能を実装(詳細はscript_doc.txt)
・起動時に"script.txt"があれば実行直後に終了するので、簡易インストーラ等に利用出来ます
・game.txtの出力やドキュメントの改行コードをLFからLF+CRに修正
・auto_cfwと統合(readme_auto_cfw.txtに記載されている事前準備が必要です)
・スリープ復旧直後の安定性を多少向上
・5.00/5.03でPrometheus系のCFW利用時は、flash0書換えが必須なのでreadme.txtを修正
・flash0とsepluginsからの2重読込みを禁止(同じMSで5.50系と5.00M33-6の利用が出来ます)
・readme_auto_cfw.txtにDEBUGモードについて記載
・Prometheus3-v4に対応
・Prometheus3-v4のprm.prxとkey.txtをISOではなくMSからの読込みに変更
・prm.prmをprml3v3.prx/prml3v4.prxにリネーム
・5.50 GEN-D2でのプラグイン動作は不安定なのでflash0書換え推奨に変更
・仮面ライダークライマックスヒーローズオーズのカスタムサントラ利用に対応
関連記事

0 Comments