「Google Chrome」 Flash Player を自分の好きなバージョンに変更



「誰でも簡単に、最速に」がモットーの
Googleが提供するwebブラウザ「Google Chrome」

「誰でも簡単に」の通り、ブラウザにあまり詳しくない人にも使えるよう
殆どの設定が全自動で行われます。

しかし、IEやFirefox等の他のブラウザを使っている方は分かる通り
細かい設定ができないと不都合が生じるなどの問題もあります。

その中の一つに「Adobe Flash Player」があります。
「Google Chrome」にも標準搭載されていますがこれが厄介

Adobeからは新たなFlashPlayerがダウンロードできないし、
なによりFlashのバージョンを変えられない!

今回は自分で「Google Chrome」のFlashPlayerを
別のバージョンに置き換える方法
を紹介します。






まず、「Google Chrome」と「Internet Explorer」以外のブラウザ
「Adobe Flash Player」をダウンロードしてきます。

BetaバージョンのFlashなら「Google Chrome」でもダウンロードできます。



(↑通常版ダウンロードへ)


Adobe Flash Player
(↑ベータ版ダウンロードへ)


ダウンロードするときは、「for all other browsers」のバージョンをダウンロードしてください。







ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックで実行します。







通常通りインストールします。






インストール後、「C:\Windows\system32\Macromed\Flash」に移動します。
(Dドライブにインストールした場合はCではなくDです)


そしてフォルダ内にある「NPSWF32.dll」を下の場所にコピーします。



C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Google\Chrome\Application\(Chromeのver)



※青字の部分は環境によって変化します。上の例はVista/7の場合です。
 (Chromeのバージョン)には利用しているGoogle Chromeのバージョンが入ります


(↑クリックで拡大します)





コピー先にある「gcswf32.dll」を削除し、
さっきコピーした「NPSWF32.dll」を「gcswf32.dll」にリネームします。


(↑クリックで拡大します)





これで終了です。
関連記事