WMP カラオケ風歌詞表示プラグイン 『SWEETY』 設定



過去に、Windows Media Player でカラオケ風に歌詞を表示する為に
下のようなステップを踏んで紹介しましたが、SWEETYの設定紹介が適当だったので
新しく記事を作りました。


STEP1 「SWEETY」 導入
STEP2 歌詞ファイルの作成方法
STEP3 歌詞と音楽を同期させる


「ちゃんと全てのステップを踏んだのに表示されない!」という方、
その内の99.99999...%の方が『SWEETY』の設定がうまくできてないと思います。

そこで、詳しく設定を解説していきたいと思います。




まず、STEPをすべてクリアしている必要があります。
「そんなんやってない」という方は下の順番にステップを踏んできてください。

STEP1 「SWEETY」 導入
STEP2 歌詞ファイルの作成方法
STEP3 歌詞と音楽を同期させる

上の3ステップがすべてクリアしている方で、歌詞が表示できない方はご覧ください。





== 「SWEETY」 の準備 ==


1、WMPを起動させます
  (WMP11と12では操作方法が異なります。注意してください)





2、プレイビュー画面で「右クリック」 → 「視覚エフェクト」 → 「歌詞表示 (SWEETY)
  → 「カラオケ」を選択します。





3-1、WMPのツールバーから、「プレイビュー」→「視覚エフェクト」→「オプション」へ
   進みます。
   (WMP11での操作です。WMP12の方は3-2をご覧ください。)
WMP 視覚エフェクト オプション




3-2、プレイビュー画面で 「右クリック」 → 「その他のオプション」へ進みます。





4、オプションウィンドウが開いたら、「プラグイン」 → 「歌詞表示(SWEETY)」を選び
  プロパティをクリックします。





5、「SWEETYの設定」が開きます






== 「SWEETY」 の設定 ==


6、まず、kraファイルの保存してる場所を指定します。
  上の方にある“歌詞ファイルの検索パス”の欄に記入します。
  右下の「参照」を使用すると便利です。





7、続いて“検索の設定”をします。
  僕のオススメの設定は画像の通りですが、
  音楽ファイル(mp3等)と歌詞ファイル(kra)を同じフォルダに入れている方は
  “メディアと同一のフォルダ内の検索は行わない”のチェックを外してください

  (ここの設定は再生するまでの待ち時間に影響します)





8、次に、タブから『フォント』を選びます




9、右側にある“色の設定”を行います。
  適当に弄ってみてください。画面下にある“サンプル”の表示が変わります。
  このサンプルを見ながら、納得のいく色使いを設定してください。
  (“フォント名”はそのままでいいです。)






10、文字の拡張設定として、太字や斜体、下線などが選べます
  “サンプル”を見ながらご自由に設定してください。
  (“最小サイズ”は気にしなくていいです)





11、タブから『背景』を選びます




12、“背景イメージ”の右下にある「参照」から、背景に使う画像を選択できます。
   必須ではないので、背景がいらない方は 14 へ進んでください。





13、画面下にある“表示方法の設定”の設定をします。
  下の画像のように変更してください。





14、タブから『その他』を選びます




15、“CPU負荷の軽減”のチェックはない方がいいです。
   これを有効にすると、歌詞を表示したときに動作がカクカクします。





16、“表示処理の設定”の設定をします。
   通常は、下の画像の通り設定してください。
   (“カラオケ表示行数”が大きくなると、文字の大きさが小さくなります。
    「変なところで改行されてしまう」という方はここの数値を大きくしてください)








これで、設定は終了です。画面を閉じて音楽ファイルを再生してみてください。

それでも再生できない場合は、下の事を確認してください。





~それでも歌詞が表示されないときは~


1,音楽ファイルと歌詞ファイルの名前があっているか確かめる


2,SWEETYの歌詞読み込み場所があっているか確認する
(設定画面の「歌詞ファイルの検索パス」に歌詞ファイルのあるフォルダを入力する)
関連記事