【レーザーアクティブ】 故障症状とその修理方法 一覧



パイオニア(とNEC)から発売された
マルチメディアプレーヤー「レーザーアクティブ」

LDやCDが再生できるほか、
「パック」を取り換えることでメガドライブやPCエンジンの
各ゲームをプレイすることが可能
になります。

そんなわけで、一部のコアなファンから人気があり
レア化しているこのプレーヤー。

トレイなどのゴム交換や
パックのコンデンサ交換は結構紹介されていますが、
本体の故障と修理方法はあまり資料がありません。

なので、ここで紹介したいと思います。



基本、パイオニアの「レーザーアクティブ」と
NECの「レーザーディスクプレーヤー」は中の構造は同じです。

なので『多分』、両方に応用できると思います。

が、あくまで絶対に直るというものではなく、
さらに症状を悪化させてしまう可能性もあるので
全て自己責任でお願いします。


【対応機種】
  • CLD-A100
  • PCE-LD1



【症状1】
 電源が入らない

これは本体の電源部にある
メインのヒューズが切れている可能性があります。

電源部分は本体正面から見て右奥にあるので
天板を外して確認してみてください。





【症状2】
 トレイが出てこない

ただ単にボタンを押してもトレイが出てこない場合、
トレイの駆動ベルトが切れている可能性があります。

しかし、下記のような症状の場合は別の原因です。
  • 電源は入り、取り出しボタンのランプが光る。(メニューなども出る)
  • 取り出しボタンを押しても反応が無い。
  • ピックアップレンズが一番内側に移動している。
    (レンズを外側へ手で移動させると、勝手に内側へ戻ってくる

この場合、電源部分にある過電流保護素子という
半円型のヒューズが切れている可能性
があります。

番号はIC102、ヒューズの型番はICP-N20です。
(型番はロットによって変わる可能性あり)

場所は電源部分の銀色のボックス付近です。


この画像は取り外した後ですが。


見た目では分からないので、テスターで通電を確認します。

切れていれば、交換してください。





【症状3】
 ディスクを認識しない

ディスクを認識しない、読み込めない場合は
ピックアップレンズの不調がよく言われます。

ただ、下記の場合は別の原因の可能性があります。
  • ピックアップレンズは移動する。
  • ディスクの存在、及び種別の判定が出来ない。
    (ディスクが入っていないのと同じ状態になる。
     取り出しランプがCD、LDの両方とも点いている。

この場合、メインボード(勝手にそう呼んでる)の
ヒューズが切れている可能性
があります。

メインボードは本体正面から見て左側、
被さっている基板(ビデオボード)の下にあります。


番号はIC810、ヒューズの型番はICP-N10です。
(型番はロットによって変わる可能性あり)

場所は基板の左上付近です。
この画像は取り外した後ですが。


見た目では分からないので、テスターで通電を確認します。

切れていれば、交換してください。






一応、上記がこちらで確認できた原因と修理方法です。

新しい事がわかり次第、またこの記事を更新していく予定です。

関連記事