【Windows10】 「ドキュメント」等の場所の移動時にエラーが発生する時は



Windowsではユーザの「ドキュメント」や「ピクチャ」、
「ミュージック」フォルダなどを
好きな場所へ移動させることができる機能があります。

通常、各ユーザフォルダを移動させたい場合は
フォルダを右クリックから「場所」を選ぶだけ。



しかし、Windows10では
この移動時にエラーが発生するという報告があります。

そのエラーというのが
同じ場所にリダイレクトできないフォルダーがあるため、
 フォルダーを移動できません。アクセスが拒否されました。

というもの。

このエラー、実はOneDriveが原因で発生します。

今回はこのエラーを解決して
ユーザフォルダを好きな場所へ移動させる方法を紹介します。



問題の原因はOneDriveアプリの「自動保存」の設定で
保存先が「OneDrive」になっていること
です。

そしてこのエラーは
OneDriveをスタートアップから除外してあっても、
アンインストールしてあっても発生
します。



問題を解決するには、この保存先をローカルにする必要があります。

まず、設定の変更はOneDriveアプリからおこないます。

OneDriveをスタートアップから除外しているだけならば
スタートアップを有効にして再起動してください。

もしアンインストール済みの場合には
Microsoftのサイトからアプリを無料でダウンロードできます。

OneDriveの公式ページを開き、
「再インストールする必要がある場合、ここをクリックしてダウンロードしてください。」
をクリックします。

https://onedrive.live.com/about/ja-jp/download/


ダウンロード後、インストールとログインをしてください。



OneDriveアプリが起動したら、
タスクトレイからOneDriveのアイコンを右クリックします。



メニューが表示されるので、「設定」を選択します。



「自動保存」タブを開き、
「ドキュメント」や「ピクチャ」などを「このPCのみ」に変更します。


あとは適用を押して設定を閉じてください。


これで、ユーザフォルダを好きな場所へ変更しても
エラー無く移動できると思います。

設定後はOneDriveアプリを終了しても
アンインストールしても大丈夫です。
関連記事

1 Comments

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2019/06/07 (Fri) 04:15
  • REPLY