【Windows 10】 「April 2018 Update」でキャプチャ機器やカメラが使えない時は



4月30日(米国時間)から、Windows 10 の大型アップデート
「Windows10 April 2018 Update」の配信が開始されています。

その更新後、USB接続のカメラやキャプチャ機器が
使えなくなるという問題が一部で報告されています。

当方のPCでも更新後、
GV-USB2を接続してもLightCaptureが起動できなかったり、
アマレコTVでも機器が見つからないとか怒られていました。

この問題は、
更新で新設された「カメラへのアクセス許可」設定によるものです。

今回はこの設定を変更し、
従来通りにキャプチャ機器を使えるようにする方法を紹介します。



アクセス許可の設定はプライバシー設定からおこないます。


まず、スタートメニューを表示します。



一番左側の欄にある歯車のアイコンから、設定を起動します。



表示された設定の一覧画面から、「プライバシー」を選択します。



画面の左側にある「カメラ」を選択します。



アクセス許可の設定がオフ(無効)になっているので、「オン(有効)」にします。






これでLightCaptureがちゃんと使えるようになりました。
関連記事