【修理】 ブラウン管テレビの簡単な修理編



不定期に突然開催される修理コーナー、
今回はブラウン管テレビ編です。


ブラウン管テレビと言えば、
調子が悪くなるととりあえず叩いていた方も多いのでは。

実は、叩いて直る場合や、振動を与えると変化が起こる場合には
ほとんどは物理的な接触による問題です。
(もちろん、それ以外の問題の可能性もあります)

接触と言っても、今回の記事では
はんだが割れて、電子部品と基板のパターンが上手く繋がっていない』方の
接触の問題を修理していきます。



なお、ブラウン管テレビの中には高電圧を扱う箇所があり、
手や物が触れると死亡事故に繋がります。

分解はコンセントを抜いた状態で、完全に放電させてからおこなってください。

この記事では修理を推奨するものではなく、
あくまでノート的に残しておくために公開しています。

この記事はあくまで一例であり、必ず直せるものではありません。
(故障原因は接触の問題に限らず、パーツの故障の可能性もあります)



【用意するもの】
  • はんだ
  • 半田ごて
  • はんだ吸い取り(線/器)
  • ドライバ
  • 懐中電灯などのライト(あると便利)
  • 気合と根性(マジ)



まずはブラウン管テレビの裏のカバーを外します。

基本は普通にネジ止めされているだけなので
簡単に外すことが出来るはずです。



カバーを外すと、中の基板やブラウン管が姿を現します。


この時点で、まずはコンデンサなどを見て
液漏れなどが起きていないか確認することをお勧めします。

問題が無さそうであれば、テレビ本体を立てて
基板の裏側をいじれる状態にします。



はんだの山を一つ一つ見ていき、
ひび割れが起きていないか、剥がれていないかを確認します。



温度変化が起きる「電源部分」や「電圧がかかる部分」を
集中してみていくと楽になるかもしれません。

実際、修理したテレビでは電源付近に割れが多くありました。
(この画像、分かりにくい+ある程度修理しちゃった後)



割れや剥がれがあった場合には、
古いはんだを吸い取って、新しいはんだを盛り直していきます。


割れははんだの外側だけではなく、中で起きている場合もあります。

気合と根性があれば、怪しい個所を全て直していくのもありですが、
よく分からない場合は下手に弄らない方がいいかもしれません。



弄り終わったら、元通りに組み直して動作チェックです


このテレビは、ちょっとでも振動があると
「ジジジッ」と音がして映像が乱れる症状がありました。

修理後の今は叩いても堂々としています。


ということで、
(記事の内容的にも、修理内容的にも)簡単な修理方法の紹介でした。
関連記事

0 Comments