【Windows XP】 AHCI、RAIDドライバを組み込んで新規インストール


根強い人気を誇った、Microsoft社のOS
「Windows XP」

2001年の発売とあって、既に10年以上が経過し、
公式サポートは終了しているほか、
現在ではスタンダードとなっているインタフェース(AHCIなど)に
対応しきれていません。


現代のPCにXPを新規にインストール(クリーンインストール)する場合、
このドライバの関係で途中ブルースクリーン(0x7B辺り)となり、
そのままではインストールできません。

インストール時にF6でドライバを追加で読み込ませることが出来ますが、
これにはフロッピードライブとフロッピー本体が必要となり、
現状では入手が難しくなってきています。

そこで今回は、Windows XP のインストーラに、
必要なドライバを組み込む方法を紹介します。

これにより、Windows XP のインストール処理時に自動でドライバも読み込まれ、
ブルスク回避&フロッピー不要化が可能になります。


※記事の最初でも記述した通り、
 Windows XP は既にサポートが全面的に終了されています。
 特に必要がない限り、XPのインストール、及び使用は控えるべきです。
 この記事ではXPのインストール、使用の推奨はしていません。



まず、以下のものを用意します。


まず、nLiteを上記のサイトからダウンロードし、インストールします。
(nLiteの動作には別途 .NET Framework 2 が必要です)

次に、適当な場所にフォルダを作成してください。
(フォルダの名前や、フォルダへのパスは全て半角英数字になるようにしてください)

XPのインストールディスクをPCにセットし、
ディスクの中のファイルを全て、上記で作成したフォルダへコピーします。



nLiteを起動し、言語を「Japanese」にして、「次へ」を押します。



『Windows インストレーションファイルの指定』で参照ボタンを押し、
ディスクの中身をコピーしたフォルダを選びます。

自動で中身が解析されるので、「次へ」を押します。



『プリセット』画面は無視して、「次へ」を押します。


『タスクの選択』で、
  • ドライバ
  • ブータブル ISO イメージ
を選択します。
(ここでServicePackを組み込むこともできますが、中身が変わってしまい、
 プロダクトキーが通らなくなる可能性があります。
この記事では非推奨)



『ドライバ』画面で、「追加」を押し、
用意した組み込みたいドライバのinfファイルを選択してください。
(組み込むドライバは複数個可能です)



ドライバの指定が全て終わったら、次へを押します。


処理を開始するか聞かれるので、「はい」を選択します。


処理が終わると「次へ」を押せるようになるので、「次へ」を押します。


『ブータブル ISO イメージ』画面では、ISOイメージの作成が可能です。
「全般」のラベル部分で、ISOイメージのラベル名を入力できます。

「進行状況」の「ISO 作成」ボタンを押し、保存先とファイル名を指定すると、
ISOファイルの作成が開始されます。



あとは、作成されたISOイメージを空のディスクに書き込めば、
XPのインストールディスクが完成です。
関連記事