【CYBER Gadget】 11機種のソフトを遊べる『レトロフリーク』 いよいよ発売



コードフリークをはじめ、
ゲームの周辺機器を販売する「CYBER Gadget」

下記の11機種のゲームソフトを動かすことのできる互換機
『レトロフリーク』の発売が決定しました。
  • ファミリーコンピュータ (FC)
  • スーパーファミコン (SFC)
  • Super Nintendo Entertainment System (SNES)
  • ゲームボーイ (GB)
  • ゲームボーイカラー (GBC)
  • ゲームボーイアドバンス (GBA)
  • メガドライブ (MD)
  • GENESIS (北米版MD)
  • PCエンジン
  • TurboGrafx-16 (海外版PCエンジン)
  • PCエンジン スーパーグラフィックス

実は、3月の時点で当ブログでも記事にしていました。
http://misukou.blog84.fc2.com/blog-entry-2394.html


この『レトロフリーク』の特徴は、11機種のソフトが遊べるだけでなく、
  • セーブデータを『レトロフリーク』本体に保存
    昔のソフトでよくある「バックアップ電池切れ」で、
    セーブできない問題を解決
  • 画質、音質の向上
    現在の液晶テレビでも綺麗な映像にできる
    「アップスケーリング」機能などを搭載
  • 全11機種対応のコードフリーク機能を搭載
    残機999や、無敵などの所謂
    改造コードを実行できる機能を搭載
  • クイックセーブに対応
    セーブ機能のないソフトや、
    好きなタイミングでセーブできないゲームでも、
    好きな時にセーブできる機能を搭載

など、まだまだ書き切れないほどの機能が搭載されていて、
なんと価格が税抜き20,000円~と破格。

発売予定は10月31日ですが、出荷数が少ないようで
実はこれまで1次予約、2次予約と、
予約だけでも込み合う状態となっています。


予約していない方、まだ迷っている方などは、
「レトロフリーク」の最新情報をメールで受信できる
サービスが公式にあるので、ぜひ活用してみてください。
http://www.cybergadget.co.jp/retrofreak/



僕は、実はすでに1次の予約済みで、
発送したというメールが届きました。


順次、予約組は発送されるようです。
関連記事

0 Comments