【Windows 10】 「Windows フォト ビューア」を使う方法



Windows 10 では、PCだけでなく、
タブレットなどのデバイス上での動作も意識されているため、
デフォルトの様々なアプリも変更が加えられています。


音楽や動画を再生するアプリでは、
これまでは「Windows Media Player」が標準でしたが、
Windows 10 では新たに用意されたアプリに移行されています。

音楽や動画のアプリに関しては、
まだ「Windows Media Player」がそのまま残されているため、
既定のプログラムをWMPに切り替えるだけで、
Windows 7 や 8 の時のように使うことができます。


問題は画像ビューア関係で、
Windows 10 では新たに「フォト」というアプリが標準になり、
さらに「プログラムから開く」の一覧には、
これまでの「Windows フォト ビューア」が存在しません。

実は、Windows 10 でも「Windows フォト ビューア」本体は残されており
レジストリに値を追加することで、「プログラムから開く」に
「Windows フォト ビューア」を追加することができます


そのレジストリへ追加する値の紹介は、下記サイト様がされています。
https://i-bitzedge.com/tips/how-to-use-windows-photo-viewer-in-windows-10


実際に Windows 10 上で「Windows フォト ビューア」を使ったのが上画像。


ご注意いただきたいのは、Windows 10 の初期設定で
画像関係のファイルは「フォト」が既定になっているので、
レジストリに値を追加後、画像関係の既定のプログラムを
「Windows フォト ビューア」に設定しなおす必要
があります。

関連記事