【Oracle】 危険な脆弱性を修正した 「Java 7 Update 11」 公開



幅広いプラットフォームで利用されている「Java」
その最新版となる「Java 7 Update 11」がリリースされました。

今回は、Javaのバージョン7.xで任意のコードを実行できるという
非常に危険な脆弱性が修正されました。

既にこの脆弱性を突いた攻撃も確認されている為、
Javaをどうしても利用する必要がある人は絶対に更新を行ってください。

またJavaが必要ない環境の方は無効化、
もしくはアンインストールすることが推奨されています。


Java Runtime Environment 1.7.0.11


【参考】
http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/
alert-cve-2013-0422-1896849.html

関連記事