【Windows】 TCP/IPの同時接続数を増やしネット快適化!



Windowsでは、TCP/IPの同時接続数の上限が
デフォルトでは10と設定されています。

(いわゆるネットで通信する上での約束事のようなもの。
TCPはデータの信頼性を重視しており、逆に速度を重視したものがUDP。
あくまで例えなので詳しく言えば違いますが、
興味のある方はOSI参照モデルなどを勉強すると幸せになれるよ!)

このため、同時接続数が10を超えた場合は順番待ち状態になり
回線や処理能力に余裕があっても待機させられます。

良質な回線やNICを使っていても、これでは快適さが体感できません。

そこで、この同時接続数を変更し
ネットを快適に利用する方法を紹介します。

※環境に強く依存するため、上級者以外は実行しないことをお勧めします。




TCP/IPの同時接続数を変更するには、Tcpip.sysを書き換える必要があります。

まず、下記URLから「Universal Tcpip.sys Patch」をダウンロードしてください。
http://deepxw.blogspot.jp/
  2009/01/download-latest-version.html#UniversalTcpipPatch



ダウンロードしたら解凍します。



OSが32bitの方はX86、64bitの方はX64を実行します。
(Windows Vista 以上の方は、管理者権限で実行してください)




言語を選択するダイアログが表示されます。言語を選択し、「OK」をクリックしてください。




「このツールは上級者向けです。
 もしOSを修復する能力が十分ではないのなら使用しないでください。」
と警告が表示されます。了承したうえで「OK」をクリックしてください。




表示されたソフトの右側に、数値を入力する欄があります。
これが同時接続上限数を決める数値です。

自分の環境にあった数値を入力して、「Apply」で保存します。




変更を適用するにはコンピュータの再起動が必要となります。
必ず再起動してください。
関連記事